FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱交パーティーに参加

乱交パーティーに参加していたのは5年から3年位前です
今42歳の女は30代、熟女は56才位でした

乱交パーティーでは当然20~30代の女が圧倒的に人気です
当時30代の女はめちゃくちゃ人気ありました

でもこの日記は熟女の日記です
熟女との乱交パーティー体験記を日記にします


その前に

乱交パーティーはホテルのスイートルームとかマンションの一室で開催されます
私の経験では、セックス中毒の女が常駐で4~8名
趣味と実益をかねて何時もいます
結構若い女もいます。

参加は基本的にインターネットで募集しています
男女単独参加とカップル参加をネットで募集しています
おそらく女性単独はネットでは参加料金を明示していますが
お金を貰っています。
男性は2~3万円で時間制限ですから、これで運営と儲けが成り立っているはずです
カップルは時間制限なし、会費5000円位(30代女の時はタダでした)
こんな男女が集まって乱交パーティーは終わることなく続きます

私が参加したのは、せこい話ですがホテル代が参加費だけになること
自分の女が他人の男に犯されるようにセックスするのを見たかったためです


還暦熟女も当時30代の女も最初はすごく参加をためらいましたが
結局は参加してくれました

彼女たちが他の複数の男とセックスしているのを見るのは面白いし
自分も他の女セックスできるし
なんといってもスイートルームにいても5000円で済むので
(ただのことも多かったですが)無駄なお金も使いません

次回は還暦女と乱交パーティーのクリスマスパーティーに参加したときの
日記を公開します。

関連記事ランキングはここをクリック↓↓↓
                              



熟女とのセックス 保養所での3P その5

本文の前に
先週のセックス
  熟女からのお誘いはありません
  金曜日に32才の女が食事(きっとセックスつき)に誘って
  きましたが、お断りしました。
  男同士で飲みたかったからです。したがって先週はセックスなし

登場人物紹介等
  熟女    現在も付き合っている独身の還暦女です
        スタイルもよく美人です
        当時は59歳でした

  おばさん  会社の保養所のまかないさんです。基本は通いです
        当時は50歳だったかと

  保養所   会社の保養所です。個人の別荘を改装したものです


本文

熟女が隣にきてセックスを見ていますが、
おばさんは目が虚ろで、チンポを押し込むたびに
「硬い、いいいーーー」とウワゴトのように声を出しているので
気がつきません、量は多くないですが失禁しているので
チンポも濡れて、気持ち悪くなったので、挿入をやめて
おばさんに寄り添って寝て、腕枕をして、髪の毛をそーと撫でていました
そうやって、荒い息遣いが収まるのをまっていました
おばさんはまるで少女のように寄り添い目をうっとりさせていました
私は精子を出していないので、チンポはたったままです
おばさんは何度のアクメを迎えているので、満足したようです

ようやくおしゃべりができそうになったので、
「オシッコしちゃったね」とやさしく耳元でささやきました
自分でもひょっとしてと感じていたそうです。
勿論セックスの途中で失禁したのは、初めてといっていました
おばさんは当時50才でしたが、
家庭内セックスは殆どないといっていました
遊びHも今回が初めてといっていました

いよいよ熟女を抱き寄せ、というか抱きついてきました
おばさんの隣の布団で(同じ布団は濡れているので)
熟女とセックスをはじめようとしたのですが
拒否られました、
もう一度シャワーを浴びて体を洗うようにいわれました

他の女の汗のついた体、マンコ汁とオシッコまでついたチンコのままで
セックスするのが嫌なのです

考えてみれば当然です、
男でも乱交パーティーの時に前の男が口内発射した
女の口にキスをしたり、フェラされるのは嫌です。
素直にシャワーを浴びて戻ってきました

チンポもなえたので、フェラチオさせました
なぜか69をしたくなったので、体勢を変えて69をはじめました
お尻の穴からすじマンコの割れ目沿って舐めます、
舐め上げるという表現は間違えで、この場合は舐め下げることになります
熟女のフェラチオは抜群で、あまりマンコを舐めて感じさせると
フェラチオに気合が入らないので、あまりクンニはしませんでした
69は中止し、私が上半身を起こして、
自分でもフェラチオが見えるようにしました

両手が開いたことで熟女の反対側におばさんを座らせ、
ふとももからマンコをなでました
熟女が左後ろから顔を持ってきてフェラチオを始めたので、
彼女の後ろ髪が見える体勢です
チンコはおへそに向かって立っているので、
この体勢は一番チンコが折れないで楽です
頭が上下し、舌を絡ませて絶妙です。気持ちよくなりながら、
右手でおばさんのマンコを触りましたが、
熟女のフェラが気持ちよく、うまくいきません

とうとう熟女ががまんできなくなったのか、いきなり跨ってきました。
首に腕を回して、チンコを挿入したマンコを自分で左右に動かし
はあーうーと声を上げてきました。折角のおばさんと3Pも中断です

私はおばさんの顔を見ながら下半身は熟女にまかせていました
不覚にも熟女のアクメと同時に精子を出してしましました
座位なので一番奥までチンコは入っています、
精子は子宮にあたっているはずです
閉経後の女はこれができるので最高です。

熟女は抱きついたまま、まだハアーはアーしています
チンコの萎縮してきたので座位をやめ、熟女を左に倒しました
うつぶせになったまま余韻を楽しんでいるようでした

右側のおばさんの顔もほてっていましたが、
そのままにして、3Pは終了となりました

やっぱり男1女2はうまくいきません

その夜はそのまま、熟睡しました
おばさんも久々によく眠れたと満足していました

次回からは乱交パーティー体験日記を告白します


fc2ブログランキング↓↓↓
                              













熟女とのセックス 保養所での3P その4

 その4は保養所のおばさんがおしっこを漏らした愛撫の方法ですが

 その前に一様お知らせしますが昨日熟女とセックスしました
 別にいつもと同じセックスなので書くほどのことではありません

用語の解説
 保養所のおばさん 会社の保養所で通いでまかないをしているおばさんです
          日記では短におばさんと書いています

 熟女       お付き合いしている会社のお局様の還暦女です
          保養所に行ったときは59歳でした

 保養所      会社の保養所で元は個人の別荘を改装しています



本文です


愛撫は徹底的なソフトタッチです
それと足指なめと殆どの女が未経験のスポットにチンコをくっ付けるだけです


私の手順(基本パターン)です
まずは人並みにキスから始まり、おっぱいから乳首を嘗め回します
次に腹部から太ももまでじっくり嘗め回します
ここまでも普通です

その後自慢の指で本格的に愛撫を開始します
超ソフトタッチです。
うぶ毛がある場合はそのうぶ毛を、無い場合もあるつもりで
ぎりぎり肌に触れるか触れないくらいです

殆どの女性は羽根毛などを使っていると勘違いします
全身が快感のようです

次は足指舐めです
最初は足の親指です。これをフェラチオするようにします


口に全部入れたり、関節をチンコのカリと見立てて裏舐めしたり
とにかくフェラチオしているようにします

なぜか女性全部が感じるわけではありません

保養所のおばさんもうっとりしていましたが声はだしません


これで感じない女は足の親指と人差し指の間をマンコを舐めるように
やさしく舐めます

これもおばさんはだめでした
つれて来た熟女はなぜかこれに不思議な程反応します


次は足の人差し指を親指と同じ要領で舐めまわします

親指が感じなっかた女も人差し指で感じる女もいます
保養所のおばさんはこれに反応しました
「あっ」と声を出しました

(中指まで同じことをやっても感じない女は
 足指に性感帯はありません、他を探します(

ここだと思い根元まで口に入れたり根元をグリグリしたり
裏から嘗め回したり、足の裏を人差し指に向かって舐めたり
徹底的に攻めました

興奮してお腹で息をしているのがよく分かります
そのお腹が時々ヒクヒクします

これで十分濡れ濡れで挿入可能なのですが
私はまだまだ挿入しません


次は膝の内側にチンコを挟みます。
ローションをつけて、マンコに入れるように出し入れします
ローションはなくても大丈夫です

次は脇の下にチンコを挟みます。

保養所のおばさんは腋毛を剃っていなかったので変な刺激でした
これは初体験でした


もうおばさんは「ウンウン」と唸りぱなし

最後にお尻の穴辺りから背骨のそってチンコを這わせます
ローションがないといたいので、
そっとローションを使います

その後口から鼻おでこまで這わせます

口を空けて舐めようとする女もいますが
無視して鼻にまで持っていきます

ここまでで殆どの熟女は感じています
なぜか若い女は感じない女が多いです

行く寸前になっていますが、少し休んで
超敏感になっているオマンコとクリトリス攻めにうつります


クリトリスはいろんな形がありますが
基本的の男のチンポと同じです。

皮が剥けたような形とか、それが退化したような形です
どんな形でもフェラチオするように(されるように)
クリトリスを舐めればよいのです
同時にマンコの穴にも指を突っ込みます
熟女は普通2本は楽々入ります

クリトリスを舌でじっくり・ゆっくり舐めながら
その内側を指で刺激するように刺激します


保養所のおばさんはこれで一回目の大きめなアクメを向かえました
まだマンコにチンコはツッコンでいません

これは間隔をおかないほうがよいようです

マンコに突っ込もうとしたときに、つれて来た熟女が
ふすまを開けて、我々のセックスを凝視していることに気がつきました

熟女とは以前乱交パーティーによく行ったので他人のセックスは
見慣れているはずです。


保養所のおばさんにチンコを出し入れして、おばさんが狂ったように
よがっているときに、熟女を手で呼び寄せました

殆ど同時におばさんは何回めかのアクメと痙攣を繰り返し
おしっこを漏らしました。

下がゆるくなっているのでしょうか

3Pの開始です

保養所のおばさんと熟女の3P体験の告白は
次回も続きます


その後は乱交パーティー体験日記を告白します

fc2ブログランキング↓↓↓
                              



熟女とのセックス 保養所での3P その3

保養所のおばさんはいつもは食事は用意しますが、
後片付けは、宿泊客が行うルールになっています
宿泊客の食事を用意すると仕事が終わりとなり帰るからです

今日は後片付けも熟女さんと一緒にやってくれました
私は敷布団を3枚引いた部屋で一人でテレビを見ていました

水割りセット、コンドーム、ローションをとタオルを数枚用意しました

さっきまで私にオマンコをさわらせていた女同士です
食事の後片付けをしながら
どんな会話をしていたのか不思議です

私はシャワーを浴び直し、熟女と保養所のおばさんも
それぞれシャワー(というか入浴)を済ませました

いよいよ3Pの開始ですが、女性2人は
そんなそぶりを見せません
分かってるくせにという感じです

おばさん(これからは保養所のおばさんは短かくおばさん)
つれてきた還暦熟女は短く熟女と書きます

まずおばさんに食堂でもう一度ビールを飲ませました。
これで100%自宅には帰れません
といっても浴衣を着ていたので帰る気はないでしょうが

次に事前に布団を引いていた部屋に私が戻り
そこからおばさんに「シーツはどこーー」
と声をかけ呼び込みました

おばさんは既にシーツ付の布団が引いてあるのに
食堂にもどることなく部屋に入ってきました

押し倒して(というか勝手に崩れてきました)
グラスに用意していた水割りを口に入れて
口移しに無理やり飲ませました。
予め用意していたのはロックでした
時間を計算していたのでちょうどWの水割りに位になっていました

おばさんはゴホゴホして殆どこぼしました
これはこれからフェラチオをさせる口の消毒です
次に浴衣に頭を突っ込みパンツ剥ぎ取り
(これも腰を浮かせてとりやすいようにしてくれました)
以外にも着替えていました
(たしかピンクだったと)
マンコにも水割りを注入しました。これも消毒です
絞り落ちてきましたが、飲む気にはなりませんでした

水割りを注入した瞬間おばさんはまさしく「ひえーーー」
と叫びました。

ここで気がつきましたが、おばさんは靴下をはいていました
冷え性対策でしょう、年増女としては当然です
そのままでセックスを楽しむことにしました

熟女のようすが気にはなりましたが、そのまま
おばさんとのセックスを開始しました

まずは徹底的にぜんぎの愛撫です。

私の手は非常に柔らかく、しかもソフトタッチなので
愛撫には自信があります

おばさんが「おおーーー」「あっあっあああ」とよがった
愛撫の方法をこれから公開します

熟女は無視したふりして部屋にはきていません
結局はおばさんに挿入したあたりで部屋に入ってくるのですが
今はまだ入ってきていません

では次回、おばさんと熟女が絶賛する私なりの愛撫を紹介します
おばさんはこの愛撫だけで2回アクメを向かえおしっこを漏らしました


fc2ブログランキング↓↓↓
                              
















熟女とのセックス 保養所での3P その2

前回の続きです

その前にこの話は昨年の秋のお話です

お付き合いしている熟女さんは2010年1月に還暦を迎えています
当然その日はお祝いに精子を上の口にごちそうしました

保養所での3Pの続きです。

トイレから戻ってきた熟女は保養所のおばさんが私のオチンチンを
ジャージの上から触っていることに気がつきましたが、別に何もいいません

ワインを自分でついで飲んでいました
彼女はワイン通で、常温で一番おいしいワインを東京から持ち込みました

熟女さんを触ってあげるにもテーブルが前にあるので手が届きません
仕方がないというか、わざというか保養所のおばさんと
チンコとマンコの触りあいをはじめました

熟女さんはあきれたのか、疲れたのかテレビを見ています
会社でのお行儀のよさとはうってかわって胡坐をかいてワインを飲んでいます
浴衣からエロパンティーが丸見栄です

さっきまで見ていたエロパンティーも羽織った浴衣からみると結構エロかった

保養所のおばさんはマンコに触れるたびに「うっうう」をピクピクしながら
声を出すのか、抑えているのか妙な音声を出しています

それが3分位続いたあと保養所のおばさんは突然私の手を払い、
部屋をでていってしまいました

やっぱりこれで終わりかと思いそのまま私もビールを飲みなおしました
保養所のおばさんは洗面室にいったようです。

熟女は軽蔑したように私を見ていました
チンチンを口に持っていきましたが、振り払われました

なかなかうまくいかないものですが
耳元でごめんと誤りまがら耳たぶをなめながら、
保養所のおばさんとの3Pをお願いしました
当然断られましたが、保養所のおばさんもアルコールが入っているので
朝まで返すこともできません

2人を無視して、別の部屋に布団を三枚ひき、部屋を暖めておきました

続く
fc2ブログランキング↓↓↓
                              


























熟女とのセックス 保養所での3P

還暦女が59歳の秋、二人で会社の保養所に行きました
近くの農家のおばさんがまかないをやっています。

嬬恋の別荘地にあり、別荘用ため部屋数5部屋とこじんまりしています

秋の季節外れのため、宿泊は我々だけです

普段は鶯谷の狭いホテルでのセックスのため
妙な開放感があり、素っ裸でリビング、浴槽など好きなところで
フェラチオさせたり、まんこにワインボトルをつっこんだり
挿入したままカラオケしたりして、遊んでいました

そこにまかないのおばさんが夕食の支度のためやってきました
子供は独立し、旦那とその母親との3人暮らしとのことでした

還暦女は会社では総務担当で、保養所の管理人とは結構親しいようです
清楚にふるまい、先ほどまでのど淫乱とはまったく別人です

旦那は工場の夜勤ということで、保養所のようすをききながら
3人で夕食をすることになりました

熟女2人と私1一人、別荘地のため大声だし放題です。

保養所のおばさんに目立つように、きていたジャージの中のチンチンを立てていました
一緒にきた熟女がトイレに行ったときに、おばさんの手を導きました

もとから我々はHを目的に宿泊しているのを知っているので
びっくりすることもなく、「あら元気」といってそっとジャージの上からしごいてくれました

熟女がトイレから帰ってきました、狙いは熟女3P

それから先は次回です

fc2ブログランキングは下のアイコンをクリックして下さい↓↓↓
         












お勧めサイト
熟女とお友達 ワクワクメール

携帯電話準備下さい
無料登録でお試し下さい
ランキングを確認して下さい
プロフィール

がまちゃん

Author:がまちゃん
熟女大好きです 今は32歳 41歳 還暦の方とお付き合いしていますが還暦女が最高です。最近5年ぶりに新しい熟女を二人同時ゲットしました。

最新記事
ブロとも一覧

既婚者かずみの大人の遊び

主婦が綴る秘密の日記[主婦の秘密をこっそり暴露]

公衆便器のちいたん日記
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター

現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
お勧めコミュニティサイト
ワクワクメールの確認

携帯電話準備下さい
無料登録でお試し下さい
リンク元
熟女の方へ
趣味と実益を兼ねて人生楽しんでください。
リンク
男性の方へ
今ならお勧めです。若い女から熟女までGETしてください。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

借金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。